The Moog Cookbook : ムーグクックブック (1996) 宇宙人みたいなマスクが可愛いい2人組

Pocket

Moog(モーグ)って最近まで名前も知らなかったし、それ何?って感じだったんですけど、今のシンセサイザーの大元にあたる楽器なんですね!モーグ・シンセサイザー生みの親”モーグ博士”を追ったドキュメンタリー映画「MOOG」っていう作品があるらしいので近いうちに見たいです。

 

ところで、なんで突然MOOGの話題なのかというと、今日ネットサーフィンしてた時に偶然見つけた「The Moog Cookbook(ムーグクックブック)」っていう2人組に一目惚れてしまったから笑。

なんかもうジャケットのルックスからしてかなりツボです!ショルダーキーボード背負って、マスクですっぽり顔を覆って宇宙人?みたいなところとか大好き。(同じような理由でDaft Punkも好き)

曲はこんな感じです。電子音のポップで楽しい感じが素敵です。

一枚目のアルバム「The Moog Cookbook(1966)」では手演奏こだわり、ライナーノートで「No MIDI」と誇らしく掲げるこだわりぶり。映画「MOOG」のサウンドトラックの録音にも関わっているみたいです。

moogオリジナルサウンドトラック

そしてThe Moog Cookbookっていうキャッチーでとても覚えやすいバンド名の由来は、moogシンセサイザーの生みの親「モーグ博士」の最初の妻が出版した料理本からきているらしい。なるほどだからThe Moog Cookbook。覚えやすい。

あと、これも全然知らなかったんですけどアルバム「The Moog Cookbook(1996)」の一曲目「Black Hole Sun」は1998年から2007年のTDLの「トゥモローランド」のエリアミュージックで流れてたみたいですね!未来っぽいのにどこか懐かしい独特の雰囲気とか確かにぴったり( ´艸`)


The Moog Cookbook
ジャケットに惹かれて聴いてみたら思わぬ小ネタに巡り合えました。

ポップな電子音が可愛いThe Moog Cookbook、ピコピコ音楽好きな人におすすめです!

 

スポンサードリンク

投稿者: めい

映画と音楽とゲームが好きな20代。プロフィールのイラストは原明あさのさんからお借りしています( http://art-watage.com/haramyo/ )。