Roger Davy:フランス「Chappell」ライブラリーミュージック New Sound Illustration・Patchwork Orchestra 5

Pocket

今日もまた電子音楽in the [lost] worldを物色。

Roger Davyの「New Sound Illustration」「Patchwork Orchestra 5(1972)」を聴いてみました。

フランス出身のセッションギタリストで作曲家。

本の中では”フランスのライブラリー系の作家で有名じゃない方“っていう紹介をされていたんだけど…。

ライブラリー系って何??

有名な放って誰なの??

と色々ハテナ。とりあえず聞くのが早い!って思って検索。

まず「New Sound Illustration」に収録されているGalaxieから

Roger Davy ‎: Galaxie

なんだか哀愁漂う宇宙っぽい音。

もう一枚「Patchwork Orchestra 5」も視聴。こっちのアルバムは”Cosmic Sounds(宇宙の音)”と”China Moods(中国ムード)“の2パートに分かれていて、前半は電子音楽っぽさ満点のコズミック感、後半ではアジアな雰囲気にたっぷり浸れます。

スポンサードリンク

Roger Davy : Brumes sur Mars
前半 Cosmic Sound内「Brumes sur Mars」。火星の霧。SFっぽい。

Roger Davy ‎: Le quartier de Wanchai
後半Chaina Moods内「Le quartier de Wanchai」いかにもチャイニーズな感じ!

 

…で、冒頭のライブラリー系ってなぁに?って話。

ライブラリーミュージックって、テレビ番組とかCMとかの雰囲気づくり用に作られた業務用音楽?みたいなものらしいです。今日聞いたRoger Davyの「New Sound Illustration」っていうアルバムはライブラリー音楽レーベル『Chappell』っていうところから出てたみたい。

なるほどだからガッツリ雰囲気に浸れたのね~( ´艸`)。

もう一つの謎「フランスのライブラリー系の作家で”有名な方”」っていうのは結局誰のことなのかは分らず…。
色々聴いてればそのうちわかるかな??

おしまい!

前の記事:Hans Wurman : 20世紀のモーツァルト・Chopin A La Moog・Comic Carmen・

スポンサードリンク
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アプリ
作曲録音アプリ「Music Memos」が使える!自動でベース・ドラム伴奏付けしてくれて便利

作曲のいいアイデアが浮かんだ!という時に手元のスマホでパッと録音できたらとっても便利です。「Musi …

アプリ
ダンスミュージック作曲を無料アプリで簡単に!「Chordana Trackformer」がとっても面白い

自分の鼻歌を誰かがいい感じに曲にしてくれたらなーって思ったことないですか?「Chordana Tra …

ロック
おすすめ映画ガイド本:「聴くシネマ×観るロック」長谷川町蔵

長谷川町蔵さんの「聴くシネマ×観るロック」は音楽好きの人も映画好きの人も楽しめるおすすめガイド本です …