Al Stewart – Year Of The Cat:カサブランカ 青い街と猫年

洋楽
Pocket

何となく秋になると聞きたくなる曲です。

シンガーソングライター、アル・スチュワートの1976年にリリースしたアルバム「イヤー・オブ・ザ・キャット」のリードトラック。猫の年っていう変なタイトルに惹かれます。

 

Cmaj7 D6 Em ×3
Am7 D

ピアノのイントロを聴いて一瞬でメロメロ。

しっとりとした雰囲気と優しい歌声。

 

Year Of The Catのピアノ楽譜

Year Of The Cat / Al Stewart

 

歌詞の冒頭でピーターローレル、ハンフリー・ボガート映画という表現が出てくるので42年のアメリカ映画「カサブランカ」が思い出します。そのせいか、曲中に登場する”彼女”のイメージがお美しいイングリッド・バーグマンで再生されて、あぁ脳内幸せ。

 

カサブランカというと、舞台はモロッコ。

モロッコのシャウエンは幻想的な青い壁が有名な街です。

motamid2006 / Pixabay

イスラム教徒が多い関係で「猫」は神聖な生き物として扱われているそうです。

だから、街中のいたるところに猫、猫、猫。

青い壁と猫。

 

By the blue tiled walls near the market stalls
市場の屋台の近くの青いタイルの壁

There’s a hidden door she leads you to These days,
そこには彼女があなたを導く隠し扉があって、

 

幻想的で異国情緒たっぷり。「Year Of The Cat」のイメージにぴったりの情景だなって妄想します。

 

曲のタイトルになってる「猫の年」っていうのは何を意味しているのかは謎。

チベットやタイ、ベトナムなどでは干支の中に「猫年」が含まれているらしい。

猫好きからするとちょっと羨ましい笑。

 

なんとなく原田真二のタイムトラベルを聴いている時のような、「不思議で幻想的な場所にどこまでも連れてってくれる感」を感じる曲です。

愛の吟遊詩人アル・スチュワートのアコースティック・ポップ。メランコリックな秋の夜にうっとり聴いていたい曲です。

自身の最高傑作としてだけでなく、英国フォーク・ロックの歴史に燦然と輝く76年に発表の大名盤。 (1976年作品) 愛の吟遊詩人と称されたシンガー・ソングライター:アル・スチュアートの最高傑作。それまでのフォーキーなサウンドから次第に変化し、前作を経て今作で独自のアコースティック・ポップが完成。プラチナ・ディスクを受賞して、タイトル曲は全米トップ・テン・ヒットに。プロデュースはビートルズの『アビー・ロード』や、ピンク・フロイドの『狂気』のエンジニアを担当したアラン・パーソンズ。ジャケット・デザインはヒプノシス。..

 

Year Of The Catのギター譜

Year Of The Cat / Al Stewart

Year Of The Catのピアノ楽譜

Year Of The Cat / Al Stewart

 

こちらもおすすめ

ねこふんじゃったの多彩なアレンジ曲:ねこふんじゃったの謎

ねこふんじゃったの感動アレンジ!クロネコヤマトBlack Cat Ballad

Pocket

Loading Likes...
Al Stewart – Year Of The Cat:カサブランカ 青い街と猫年
楽譜
ビリー・ジョエル「Piano Manピアノマン」楽譜:The Billy Joel Keyboard Book: Authentic Transcriptions

洋楽POPSにハマるとは思ってなかったけど(好きな曲は何曲かあります。Al StewartのYear …

Loading Likes...
ジャズ
ハングドラムのおすすめCDアルバム!国内外奏者・演奏動画:UFOみたいな不思議楽器

先日、京都の哲学通りを花見しがてらブラブラとお散歩していた時のことです。 同行していた知人と話をして …

Loading Likes...
アニメ・ゲーム
ラスマス・フェイバー・プレゼンツ・プラチナ・ジャズ-大人になった今、あの頃を思い出しながら

スウェーデンのミュージシャンが日本のアニソンを料理するとこんなふうになるんだ! ラスマス・フェイバー …

Loading Likes...