加古隆「湖沼の伝説」を聴きながら中野晴生の湖沼の伝説を眺める一人遊び

クラシック
Pocket

人間嫌いなわけじゃないけど、人間のことを考えたくない時ってあります。

誰がどう悪いとかそういうわけじゃないけれど少し人から離れたい。

 

そんな時の思考の逃がし場所は色々あります。

身の回りの些細なことにこだわってみるとか(本棚の整理、ペンケースの中身の入れ替え…etc.)

逆に宇宙や大自然みたいな、とっても大きな存在のことを考えてみたり。

例えば、全国の「湖沼の伝説」に思いを馳せてみるのも素敵な空想の入り口だなぁと思います。

 

加古隆さんのアルバム「アニヴァーサリー」の8曲目に収録されている「湖沼の伝説」を聴きながら、目をつむってぼんやりと湖沼の情景に思いを馳せるとなんとも神秘的な気分に浸れます。

夜中に一人でこっそり楽しむ空想遊び。

静寂する湖畔。波紋を浮かべる水面。

しだいに訪れる激しい轟と共に湖面を揺らすのは湖底から飛び出竜神様か、愛しい人を追う真っ赤な大蛇か…。

曲を作るときのモチーフとなった湖沼の伝説がどの話なのかは分からないけれど、湖沼にまつわる様々な物語を想像して楽しめます。

12019 / Pixabay

湖沼の伝説のイメージを沸かせるのに中野晴生さんの写真集「湖沼の伝説」をパラパラとめくります。

タイトルが同じだからという理由だけで買ってみたら、とてもよかった本。

全国の美しい湖沼の情景と、それらの湖沼の伝わる民話、神話をまとめた一冊です。

その地その地でユニークな逸話が残されているのが面白いです。

 

絶世の美女が姿を変えた雄大な水面、山岳がこぼす失恋の涙が作り上げた湖、乙女に白い足に恋した鯉の片思い、竜神の恩返し…etc.

昔の人の想像力ってホントすごいよなぁと思います。

周囲を囲む山々や湖に生息する生き物、自然現象までも巻き込んだ壮大な物語は、退屈なルーチンばかりで衰えがちな想像力をたっぷり刺激してくれます。

 

美しい写真×土地に伝わる伝説、さらに情景豊かなピアノの音色を掛け合わせて堪能。

グラス一杯のウイスキーを飲み終わるころには何で悩んでいたのかも忘れるくらい気分すっきりです。

セルフ・ピアノヒーリング笑。

 

それにしても、人生のなかで湖沼について考えることってほとんどないですね。

たまにはいいものだなぁと思いました。

毎日忙しくて実際に湖沼に訪れるのはなかなか難しいので(本当なら是非とも全国の湖沼をめぐりたい!)、ひとまず写真と音楽で堪能してみる夜でした。

リスト
加古隆/アニヴァーサリー

中野晴生/湖沼の伝説

 

湖沼といったら、ジャズピアニスト、ジェイコブ・コーラーさんが富士の湖沼からインスピレーションを得て作曲した「富士五湖」という曲も神妙な趣があって素敵です。

時間がある方は是非チェックしてみて下さい。

関連記事

ジェイコブコーラー「富士五湖」ピアノ楽譜:野鳥のさえずる富士の湖畔にて

ジェイコブコーラー 楽譜

 

 

 

Pocket

Loading Likes...
加古隆「湖沼の伝説」を聴きながら中野晴生の湖沼の伝説を眺める一人遊び
ジャズ
ジェイミーカラム(Jamie Cullu)ピアノ楽譜:UKジャズ「What A Difference A Day Made」「The Wind Cries Mary」など

イギリスのジャズ・ピアニスト、ジェイミーカラム(Jamie Cullum)さん。甘いマスクと落ち着い …

Loading Likes...
クラシック
ピアノ楽譜「チューリップのラインダンス」「真夜中の火祭」など25曲:平吉穀州こどものためのピアノ曲集「虹のリズム」

平吉穀州さんのピアノ小曲「チューリップのラインダンス」「真夜中の火祭」は小学生のピアノ発表会などでも …

Loading Likes...
アニメ・ゲーム
「ひろしの回想」ピアノ楽譜:クレヨンしんちゃんオトナ帝国の逆襲

映画「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ オトナ帝国の逆襲」内、ひろし幼少時代の回想シーンで流れ …

Loading Likes...