ねこふんじゃったの多彩なアレンジ曲:ねこふんじゃったの謎

雑記
Pocket

みんな知ってる曲なのにルーツが分からない。

「ねこふんじゃった」って不思議な曲です。

謎の多さと魅力的なメロディに惹かれて熱心なファンも世界中にいるとかいないとか…。

そんな謎曲(?)ねこふんじゃった を多彩なアレンジで楽しめるのがこちらです。

ねこふんじゃったの謎

ねこふんじゃったの謎

ねこふんじゃったのアレンジソングが20曲収録されています。最初から最後までねこふんじゃった!ファンには堪らない選曲です。

 

フィンランド版の「ねこのポルカ」、奇抜な童謡アレンジが得意なピアニスターHIROSHIによる「迷子の迷子の子猫ちゃん踏んじゃった(犬のお巡りさん)」など。

→ピアニスターHIROSHIさんの「迷子の迷子の子猫ちゃん踏んじゃった」はこちらに楽譜があります。

 

コアなねこふんじゃったファンだけでなく、一風変わった面白い曲が好きな人にもおすすめな一枚です。

ねこふんじゃったにまつわるアレコレ

誰から教わるわけでもなく子供の間で勝手に広まってみんな知ってる。だけど詳しいルーツは不明。

長田 曉二さんの「知ってるようで知らない 音楽おもしろ雑学事典」では、ねこふんじゃったの作曲者はロシアのアントン・ルビンシュタインだという説が紹介されていました。

他にも、ドイツの「蚤のワルツ」がルーツなのでは?という説や、やっぱり作曲者は不明だという説があったり。

謎は深まるばかりです。

 

日本では「ねこ」ふんじゃったという名前で親しまれているけれど、世界では別の動物の名前で親しまれていることもあるみたいです。

例えばハンガリー「ロバのマーチ」、キューバ「3匹のアヒル」、オランダ「蚤のマーチ」、フランス「カツレツ」など。

 

名前が変わると曲の印象も少し変わって聴こえて面白いですね。

 

…でもやっぱり猫がいいなぁ笑。

 

ねこふんじゃったと言えば、癒し系ピアノmiroさんの感動バラードバージョンのアレンジもとても素敵です。

楽譜もあるので是非チェックしてみて下さい。

関連記事:ねこふんじゃったの感動アレンジ!クロネコヤマトBlack Cat Ballad

 

以上、ねこふんじゃったのアレンジ曲アルバムでした!

こちらもおすすめ

ピアニスターHIROSHI楽譜:ピアノで弾ける面白い曲!童謡アレンジ演奏

ねこふんじゃったの感動アレンジ!クロネコヤマトBlack Cat Ballad

Pocket

Loading Likes...
ねこふんじゃったの多彩なアレンジ曲:ねこふんじゃったの謎
クラシック
加古隆「湖沼の伝説」を聴きながら中野晴生の湖沼の伝説を眺める一人遊び

人間嫌いなわけじゃないけど、人間のことを考えたくない時ってあります。 誰がどう悪いとかそういうわけじ …

Loading Likes...
オーディオ家電
Bluetoothイヤホンデビュー「iHarbort 」手頃な価格で完全防水・通勤スポーツ時に便利

iPhoneを8に買い替えてから、はや××年。 機種の都合でBluetoothイヤホンしか対応しなく …

Loading Likes...
ジャズ
ハングドラムのおすすめCDアルバム!国内外奏者・演奏動画:UFOみたいな不思議楽器

先日、京都の哲学通りを花見しがてらブラブラとお散歩していた時のことです。 同行していた知人と話をして …

Loading Likes...