【映画2046 オリジナルサントラ】ライナーノーツが濃くて大満足!ノスタルジックなラテン音楽に浸れる

Pocket

映画「2046」とっても大好きな映画です。

ウォン・カーウァイの映画音楽はどれも好きなんですけど、2046はラテン調でノスタルジックな感じがたまらなく好きで、よく部屋でCDをかけて雰囲気にどっぷり浸かったりしてます笑。

サントラCDを購入したらライナーノーツがついてきて。サントラに含まれている全20の楽曲の説明書きが書いてあって感動しました。

なぜ、あの場面でこの曲が流れるのか、作品中で繰り返し流れる「2046メインテーマ」の場面ごとの編曲の違いとそこに込められた意味といったようなことが細かく書かれており、今まで何となく流し聞いてた音楽の意味を深く知れました。

映画の中に織り込まれる一つ一つの要素に込められた意味。本当は自分で探り当てたいところなんだけれども、結構するっと見逃したり聞き逃したりしちゃいます。こういう風にライナーノーツにまとめてあると作品をより深く楽しめていいですね。

全20曲分の楽曲解説のほかにも、ウォン・カーウァイの演出感の一つとして「映画の中で音楽はセルフと同じ力を持つ」と語るほど映画の中で音楽の効果を重要視してるとこと。日ごろから気に入った曲をストックしておき自分の作中で流すことを好んでいることなど、ウォン・カーウァイの映画音楽に対するこだわりっぷりがつらつらと説明されていました。

”「2046」の物語は「ノルマ」「トスカ」「蝶々夫人」の3つのオペラをベースにしている”と書いてありました。ちょっと勉強不足でどのお話も知らないのですが、”恋愛で永遠に変わらないもの”、”約束と裏切りの悲劇”を描いたものとのこと。

こういう、物語にある背景の説明を読めるとまた違った角度から映画を見直して楽しめるし、もっといろんな作品に触れて映画の世界をもっと深く知りたいなって思います。

いろいろ書いたけれど、とにかくサントラおすすめです。

”映画を観る前にこのサウンドトラックを聴く人は、音楽を聴いて、映画の感覚を想像してみてほしい。映画をすでに観た人は、これを聴いて、映画を観たときの感覚を思い出してほしい。”

“なぜなら、サウンドトラックの中には、映画から離れても、それだけで一枚のすばらしい音楽作品になるものがあるのだから。”(ライナーノーツより)

ほんとにそんな感じ。

映画見たよって人はもちろん、まだ見てないよって人もサントラから聞いて大丈夫といったようなことも書いてあるので笑。ぜひライナーノーツ解説とともにどっぷり2046の世界に浸ってみて欲しいなぁって思います。

2046オリジナルサウンドトラックを無料レンタル!
宅配レンタルと動画配信の無料お試しキャンペーン!
1. 2046 メインテーマ (With Percussion)
  2. シボネー -Instrumental- / ザヴィア・クガート
  3. スウェイ / 歌:ディーン・マーチン
  4. ザ・クリスマス・ソング (Fast Version)
  5. ジュリアンとバルバラ
  6. シボネー / コニー・フランシス
  7. インタールード I
  8. ポロネーズ
  9. 「清らかな女神よ」 (歌劇『ノルマ』第1幕より)
  10. パーフィディア / ザヴィア・クガート
  11. 2046 メインテーマ (Rumba Version)
  12. ロスト
  13. ダーク・シャリオ
  14. シジフォス・アット・ワーク
  15. デシジョン
  16. ロング・ジャーニー
  17. アダージョ / シークレット・ガーデン
  18. インタールード II
  19. ザ・クリスマス・ソング / ナット・キング・コール
  20. 2046メインテーマ (with Percussion ~Train Remix)


(Amazonで購入

スポンサードリンク

投稿者: めい

映画と音楽が好き!